MENU

基本の使い方を知ってからアレンジしてみよう!

ファンデーションの使い方って、皆さんしっかりと勉強したことはありますか?高い化粧品だと使い方がついてくることがありますが、ドラッグストアなどで購入したものについては特段気にせずに塗っているという方も多いはず。ここでは、エバンジェリストのBBクリームの効果をより引き出し、せっかくの成分をムダにしないための使い方をご説明します。

 

3D肌の基本とは?

まず、メイクの全ての土台であるお肌が清潔であることが基本です。よって、洗顔後、化粧水でお肌を整えておくことが望ましいでしょう。そしたら、このBBクリームを指先に適量とって、顔の各パーツにちょんちょんと付けていきます。額、両頬、鼻、あごの5つの箇所につけると顔全体に伸ばしやすいです。そしたら、Tゾーンとよばれる額、鼻筋、あごから、ダイヤモンドゾーンとよばれる額、両頬、あごへクリームを伸ばしていき、最後にフェイスラインへと伸ばします。

 

これで顔全体にクリームが行きわたったので、両手で顔を包み込むようにひたひたと顔をおさえます。これでも十分なのですが、仕上げとして、ダイヤモンドゾーンにハイライトを入れると、より立体感が出て3Dメイクの完成です!

 

BBクリームの色は暗め?

実は、口コミではこの肌色は他と比べると若干暗めであることが指摘されていましたが、立体感のあるメイクをするためにはむしろそれが狙いだったのです。肌色を少し濃い目にして、ハイライトを入れることによってより顔の立体感が生まれます。計算済みでわざと濃い目にしているのかもしれません。もし、ハイライトを持っていない、またはそこまではいいというのであれば、ワントーン明るい色のクリームを購入すると良いでしょう。

 

若い方では、気になる箇所に少し使う程度で、後は本当に薄く伸ばすだけという使い方をしている方もいます。最近では、顔全体ではなく、要所要所だけを隠すのが流行りと言っているメイクアップアーティストもいるため、基本となる方法を知ってから、自分なりにアレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

 

BBクリームの使い方と仰々しく書きましたが、要は肌にしっかりと塗って伸ばせばいいだけのことです。これだけ考えるとすごくシンプルで誰でもできますね。大学生になってお化粧デビューという方にも良いと思いますし、化粧直しが面倒くさいというOLの方にも最適だと思います。

はじめてならお得なベースメイクセットから

エバンジェリストBB

>>今すぐ公式HPをチェック<<